概要

このドキュメントでは、Creatureで作成されたアニメーションをループする方法について説明します。(Bend Physicsモーターのような)物理ベースのボーンモーターを使用している場合、パラメータの微調整、フレーム範囲を盲目的に設定することで、完璧なループアニメーションを作成するのが簡単ではないことに気づいたかもしれません。したがって、Creatureでは、これらの種類のアニメーションをループするための2つの強力なソリューションを提供しています。

簡単なオプション: Loop and Convert to FKツール(ボーンモータのみ)

ボーンモーターのアニメーションループを作成する最も簡単な方法は、Loop and Convert to FKツールです。これにより、アニメーションの終了フレームと開始フレームをブレンドし、自動的にアニメーションをループさせます。アニメーション全体をFKモーターに変換し、結果をキーフレームに書き戻します。ループメカニズムの一部として、アニメーションのフレーム範囲は減少されます。

チュートリアル動画をご覧ください こちらからを見ることができます。

まず、Animateモードに行き、Animate -> Loop and Convert to FKをクリック:

Non

下記のようなウィンドウが表示されます:

Non

  • Blend Frames: ループ結果を考慮して、アニメーションの開始フレームにブレンドを開始するフレームの数。この値は、最終的なアニメーションのフレーム範囲をトリミングします。値が大きいほど、最終的なアニメーションは短くなります。

  • Conversion Detail: 変換されたFKモーターループアニメーションのアニメーションキーフレーム/スプラインの詳細。この値を小さくすると、ノット/スプラインの縮小または単純化に繋がります。

高度なオプション: Animation Loop Analysis

Animation Loop Analysisはアニメーションを分析し、最適なループフレーム範囲を決定するツールです。開始時と終了時の差が最も小さいフレーム範囲を見つけます。

このツールの使用方法については、下記のチュートリアル動画をご覧ください:

Non