概要

Guidesカテゴリーでは、画像または動画を画面に読み込むことができます。基礎的な機能として、アニメーションを手助けします。より発展した機能として動画からモーションを引き出すこともできます。

Meshing

Image Guide

画像ファイルを画面に追加できます。画像はバックグラウンドとして(キャラクターの後ろに)配置されます。マウス操作によって画像のスケールを変えたり、画像を動かしたりすることが可能です。

Video Guide

動画ファイルを画面に追加できます。動画はバックグラウンドとして(キャラクターの後ろに)配置されます。マウス操作によって画像のスケールを変えたり、画像を動かしたりすることが可能です。

フレーム上を行き来しながら、各フレームを再生することができます。Video GuideはアニメーターのRotoscopingを手助けします。

モーション抽出/キャプチャー

Video Guidesではモーションの抽出が可能です。Motionをクリックして始めます。

Meshing

Computeをクリックしてモーションの抽出を始めます。アプリケーションは、モーション抽出に理想的な画像内の特徴を特定して追跡しようとします。ノイズの多いビデオ/ジャンプストリーム/歪んだフレームは、出力として最適ではないことに注意してください。良い結果を得るには、ビデオの背景からできるだけノイズをなくすことをお勧めします。

抽出が完了すると、識別されたマーカのセットが左側に示されます。抽出したいマーカーをピックアップするために左側にあるマーカーをクリックできます。右のビデオフィードは、時間の経過とともにマーカーがどのように追跡されたかを示しています。適切な結果が得られたかどうかを判断するため、右側のフレームをスクラブ??する必要があります。

Extractをクリックして、選択したマーカの動きを抽出します。新しいモーションパスが作成されます。 Pathモードに移動して、新しく作成されたモーションパスを確認してください。この新しいパスを使用すると、Boneモードでボーンを選択し、パス転送を実行できます。これで、モーションキャプチャの処理は完了です。