概要

Motion Transfer StudioはWindowsのCreature Pro/企業向けユーザーで利用可能な新機能です。(Macへの対応に向け準備中)。3Dモーションキャプチャーデータを含むBiovision BVHファイルをインポートでき、その動きをあなたの2Dキャラクターに反映することができます。この機能を使うことで、3Dモーションキャプチャーデータを2Dキャラクターに合わせてインポート可能な形式に変えることができます。質の高いアニメーションを少ない時間で作ることが可能になります。

Meshing

チュートリアル動画をみてください こちらから

必要なもの

  • Windows用のCreature Pro 最新の機能となっているため、現段階ではWindows用に限定しています。

  • GPU with OpenGL 3.3 Compatiblity Profile Support OpenGL 3.3をサポートするGPU

利用方法

最初に、あなたのキャラクターのボーンが受けるモーショントランスファーが全てFKモーターであることを確認してください。

AnimateモードのツールバーにあるMocap Transferボタンをクリックします:

Meshing

Motion Transfer Studioウィンドウが現れます。効率良く利用するために、このウィンドウを最大化することをお勧めします:

Meshing

ウィンドウのトップに以下のオプションがあります:

Meshing

  • Import: BVHモーションキャプチャーファイルをインポートします。

  • Reset Camera: ソースとターゲットであるキャラクターの中心にあるカメラをリセットします。

  • Track X: モーションキャプチャする対象のX軸の動きを追跡して捉えます

  • Track Y: モーションキャプチャする対象のY軸の動きを追跡して捉えます

  • Track Z: モーションキャプチャする対象のZ軸の動きを追跡して捉えます

Yawトラッキング

Yawトラッキング機能を通して、キャラクターのYaw(またはYアングルローテーション)を取り除くことができます:

  1. 最初に、Mocap Character Boneをクリックして選択します。

  2. ツールバーの右側にあるチェックボタンをクリックします。1)で選択したボーンにYawトラッキングを設定します。

Yawトラックキングを覗くには、ツールバーの右側にあるバツマークをクリックします。

Yawトラッキングはy軸でターンするキャラクターに役立ちます(特に、彼らが動きの方向を変える際)。Yawトラッキング機能を通して、フリップを取り除くことができます。

Playback Params

ウィンドウの右下にあるPlayback Paramsボタンを押すことで、モーショントランスファーのための再生用のパラメーターを調整できます。モーショントランスファーフレームの範囲をタイミングとモーショントランスファーの範囲に合わせるように調整できます。

Mocap BVHをインポートする

  1. Importボタンを押してBVHファイルをインポートします。左側にモキャップキャラクター、右側にあなたのキャラクターが表示されます。

Meshing

  1. モキャップキャラクターの顔の向きをあなたのキャラクターと同じ方向に合わせるには、スペースキーを押しながらマウスをドラッグすることでできます。

関連づけるボーンの設定

  1. モキャップキャラクターのボーンをクリックしたままにあなたのキャラクターのボーンにドラッグしてアニメーションを関連づけたいボーン同士を結びつけます。

Meshing

  1. この作業をモーショントランスファーしたい全てのボーンに行います。

Meshing

モーショントランスファーを実行する

  1. Target Bindingウィンドウには以下のオプションがあり、トランスファーのプロセスを実行できます:

Meshing

  • Clear 選択したボーンの結びづけを削除します。

  • Clear ALL ボーンと結びつけた全てのターゲットを削除します。

  • Run Current 選択したボーンのトランスファーを実行します。

  • Run ALL 全てのボーンにおいてトランスファーを実行します。

  • Displacement Scale どのくらい変換したモーションの動きを大きくするかを決めます。値を0に設定した場合、回転モーションを含むが並進運動を含みません。数値を大きくすればするほど、モキャップキャラクターによる並進運動の影響が大きくなります。

  • Transfer Detail どのようにあなたのキャラクターにモーションがトランスファーされるかを調整できます。アニメーションの結果はFKモーターにあるノットによって決まります。より高い値はより多くのノットに繋がります。より低い値はアニメーションスプラインを簡略化し、手動での操作を簡単にします。

  1. 結びつけた全てのボーンにモーショントランスファーを実行するには、単純にRun ALLをクリックします。一旦プロセスが終了すると、あなたのキャラクターがモキャップキャラクターの動きを引き継いでいるはずです。

Meshing

モーショントランスファーを取り消す

Creatureのメインウィンドウに戻り、Edit -> Undoをすればモーショントランスファーの結果を取り消すことができます。