概要

このドキュメントでは、PSD(Photoshopファイル形式)Nativeインポートパイプラインの使用について説明します。これは、PSDフォーマットで作成されたキャラクターをCreatureに簡単に持ち込む方法です。パイプラインは、あなたの画像レイヤーに基づいてキャラクターの異なるメッシュ領域を自動的に作成します。また、Rigモードに領域を自動的に配置します。

画像レイヤーを独自の方法で扱いたい場合やその他の要件がある場合は、PSD Autolayoutスクリプトのドキュメントをご覧ください。

Artwork Copyright: O.T.K Games

必要条件

  1. あなたのキャラクターが入っているPSDファイル。
  2. 単一レベルの階層のみがレイヤーでサポートされています。すべてのボディーパーツ画像は、これらのレイヤー内にそれぞれある必要があります。
  3. 各レイヤーが特別な(ASCIIではない)文字ではなく、適切に名前が付けられていることを確認します。基本的には、ファイル名に名前をつけるのと同じように名前を付ける必要があります。

チュートリアル動画

チュートリアル動画をご覧ください こちらから

ステップ1: メッシュ領域を作成する

Meshingモードで、Import Texture -> Import Multiple PNGs or PSD Fileをクリックします:

Non

Texture Packerが表示されます。 Import Photoshop PSD Fileをクリックしてください:

Non

PSDファイルを選択すると、テクスチャパッキングの解像度を求めるプロンプトが表示されます。解像度が十分に大きいことを確認してください。そうでない場合、操作がエラーになります。サイズが十分に大きければ、新しくパックされたイメージが表示されます:

Non

Finish and Remeshをクリックします。次に、適切なGrid Mesh Resolutionが求められます。繰り返しますが、グリッドの解像度が、パックされたイメージのすべての領域を解決するのに十分な大きさであることを確認してください。解像度が小さすぎてエラーが起きた場合は、上記のプロセスをもう一度繰り返します(PSDを再インポートしてやり直してください)。

成功すると、すべてのメッシュ領域が作成され、Meshingモードにおいて正しく名前付けされます:

Non

ステップ2: メッシュ領域をRigモードに移す

Rigモードに切り替え、 Tools -> Setup Rig Regions from PSD File... をクリックします:

Non

あなたのPSDファイルを選択すると、Layout Scaleのメッセージが表示されます:

Non

デフォルト値の0.8は、あなたのキャラクターには機能しないかもしれません。通常、この手順を試し、メッシュ領域が離れすぎているか/近すぎるかを確認します。Layout Scaleに異なる値を設定することで、簡単に修正できます。キャラクターが離れすぎている場合は、より小さなLayout Scale値を選択します(0.1または0.3などの小さな値で上手くいくときもあります)

正しいLayout Scaleを使用すると、キャラクターは画面上で追加されたすべての領域に整列され配置されます:

Non

Layout Scaleの異なる値についても、このプロセスを繰り返します。

PSDのインポートにおけるヒント

PSDには余分なボディパーツ/誤ったボディパーツはありません

デフォルトの値0.8で正しいスケーリングや微調整を行わずにキャラクターを画面上に正しく配置することができるはずです。しかし、スケーリング値をかなり頻繁に微調整しなければいけない経験をしてきた場合、インポートされたPSDファイルに余分なボディーパーツまたは間違ったボディーパーツが入っている可能性があります。それらのボディーパーツ(隠れたレイヤーかもしれません)を取り除き、再度PSDをインポートしてください。