Meshing

概要

Meshingモードで、外部からPNG形式の画像を自分のプロジェクトにインポートします。このメッシュ領域はあなたの動かしたいキャラクターの本体として機能します。Meshingモードでユーザーは様々なメッシュオペレーションをすることが可能です。例えば、スカルプティング、拡張、細分化、カッティングなどが可能です。明確に定義されたメッシュはしっかりとしたキャラクターの動きに繋がります。

画像の挿入

メッシュのための画像は正方形で、それぞれのパーツが重なってないようにしてください。通常、ユーザーはペイント/ラスター/ベクターアートといったキャラクターを描くプログラムで画像を準備します。出力の際に、背景が透明・画像がPNG形式になっていることを確認してください。体のパーツがどのように配置されるべきかは、上記のドラゴンの画像を参考にしてみてください。

メッシュツールバー

ウィンドウの上部にあるツールボタンで 、メッシュ領域における作成・解像度・境界線の定義などの実行が可能です。

Meshing

画像の挿入

あなたのプロジェクトに画像を挿入します。画像のボディパーツから新しいメッシュ領域を作ることも可能です。

テクスチャのリメッシュ

このボタンをクリックすることで画像をリメッシュする事ができます。結果、画像のボディパーツから新しいメッシュ領域が作られます。

Meshing

アプリケーションは画像をインプットした際のオプションを元にメッシュ領域を作成します。グリッドのXとYに対して適切な解像度を設定してください。グリッド解像度がメッシュグリッドの健全、つまり、生成されたメッシュ領域がどれだけ詳細か決めます。より詳細であればあるほど変形の質は上がります。しかし、高い解像度の設定はリギング、アニメーションにおける動作のスロー化に繋がります。また、高すぎる解像度のアニメーションはあなたが書き出すゲームエンジンに対して適切でない場合があります。

境界線リメッシュ

Meshing

メッシュ領域を作成するとき、2つの別のボディパーツが1つのメッシュ領域の中に入っていることが時々あります。2つのパーツがお互いに近い位置にある時、この現象が発生します。いくつかの方法でこの問題は解決できます。1つは、より高い解像度で画像をリメッシュすること。別の方法はBoundary Remeshツールを使う方法です。ユーザーはこのボタンを押して三角形の部分を取り除くことで2つのパーツを離すことができます。

上の例のように、白く塗られた三角形の部分が取り除かれる境界線。境界線を選択した後に、Remeshボタンをクリックすると新しいメッシュ領域を作成できます。

メッシュオペレーション

ウィンドウの右側のボタンを使用し、ユーザーは選択したメッシュ領域に対して様々な操作が可能。

Meshing

Grow

選択したメッシュ領域の範囲を好きな方向に広げる事ができます。

Subdivide

選択したメッシュ領域を細分化して、詳細を追加する事ができます。

Sculpt

選択したメッシュ領域をマニュアルで追加/削除できます。

Region Remesh

テクスチャのリメッシュと似たような機能を持つが、ローカルメッシュ領域で作用する。画像全体ではなく、特定のメッシュ領域をリメッシュできます。