FK Motor

概要

Custom Cycle Motorは、独自のカスタムキャプチャアニメーションを使用し、ループアニメーションで再生するモーターです。このモーターの最も一般的な使用例は、あなた自身がカスタムした歩行サイクルのアニメーションを持っているときです。ループではない単一の歩行サイクル(脚の一歩)をアニメーション化し、そのアニメーションデータをキャプチャします。そして、キャプチャされたアニメーションを他の同様のボーングループに適用します。これらのボーンにCustom Cycle Motorをインストールすると、自動的にカスタムキャプチャされたアニメーションデータを再生、ループします。これは、キャラクターの異なる部分にカスタムでループアニメーションを適用できる非常に効果的な方法です。

手作業による自動アニメーションの力

Custom Cycle Motor自動アニメーションの利点とマニュアルでコントロールできる柔軟さが組み合わさっています。このモーターでは、手作業で任意の入力されたアニメーションをアニメーション化できますが、Creatureの他のモーターと同じように、自動で他のボーンに適用します。

Custom Cycle Motorの利点:

  • 最初にキャプチャしたアニメーションを完全に手動でコントロールし、必要なものを記録できます

  • 扱うキーが非常に少なく、簡単にキー管理が可能です

  • 適用されたカスタムサイクルアニメーションは自動的にループするので、アニメーションを長くするのも簡単です

  • カスタムサイクルアニメーションの再生には通常のCycle Motorコントロールがあるので、簡単にタイミングをオフセットしたり、速度を調整したり、スケールアップ/ダウンすることができます

インストールに必要な条件

このモータを実行するには、キャプチャされたアニメーションデータと同じ順序および同じ数のボーンを必要です。例えば、3本のボーンからなるレッグアニメーションを録音した場合、モーターは3本の連続したボーンを持つ別のレッグにしか適用できません。

使用法

Custom Cycle Motorを使用するには、Pro/Enterprise版のCreatureが必要です。

1)最初のステップは、アニメーションキャプチャの準備ができているボーンセットのインプットアニメーションを持っていることです:

FK Motor

上の画像では、左の脚がアニメーションを持ち、アニメーションキャプチャの準備が整っています。

2)キャプチャしたいボーンを選択します:

FK Motor

3)メニューバーのAnimateから、Capture Animationを選択します:

FK Motor

4)キャプチャされたアニメーションに新しい名前を入力し、アニメーションの有効なフレーム範囲を入力します:

FK Motor

5)Custom Cycle Motorをインストールしたい右脚の3つのボーンを選択します:

FK Motor

6)Custom Cycle Motorをインストールします:

FK Motor

7)モーターを選択し、Animation Dataの右側にあるボタンをクリックします。3)で登録したアニメーションを選択して、そのアニメーションを新しいモーターに適用します:

FK Motor

8)これで、Custom Cycle Motorのインストールプロセスは完了です。アニメーションを再生すると、左脚から記録されたアニメーションが右脚で自動的にループ再生されます。

アニメーション可能なプロパティ

  • dispX: キャプチャデータのX方向の変位/オフセットを決定します。

  • dispY: キャプチャデータのY方向の変位/オフセットを決定します。

  • scale: キャプチャデータの全体的な物理サイズを決定し、これを使用してキャプチャされたボーンアニメーションを拡大/縮小します。

  • angle: キャプチャデータの角度回転オフセット。これを使用して、再生を特定の角度値だけ回転させます。

  • speed: アニメーションデータの再生速度を決定します。 (試行する値: 任意の値ですが、デフォルトは値20.0。)

  • phase: キャプチャアニメーションの開始方法を決定します。これを使用して、キャプチャサイクルアニメーションのタイミングをオフセットします。 (試行する値:任意の値ですが、最初は0〜1.0の値を試してみてください)