概要

Rig Templateは、あなたのキャラクターにリグを作成するプロセスを大幅に助けてくれます。Rig Templateでは、Creature Rig Fileからあらかじめ作られたリグをあなたのキャラクターにインストールすることができます。ボーンとパーツのグループ化、ボーンウェイティング領域をより効率的に、簡単に行うことができます。

チュートリアル動画

Non

チュートリアル動画をご覧ください こちらから

Rig Templateを実行する

Rig Templateを実行するには:

  1. Rigモードに行きます

  2. Boneサブモードを選択します

  3. Run Rig Templateをクリックします:

Non

Rig Templateウィンドウが現れます:

Non

Rig Templateには2つのモードがあります: インポートエクスポート

Rig Templateをインポートする

リギングの手間をなくすために、あなたのキャラクターにRig Templateをインポートすることができます。

  1. Load...をクリックし、Creature Rig Fileを選択します。Downloadボタンを押すことでサンプルのリグファイルを見ることができます。

  2. ファイルを読み込むと、あなたのキャラクターの範囲に的確な新しい骨組みが現れるはずです。ボーンをドラッグして、キャラクターに合うように調整しましょう。

ボーンをキャラクターに合わせた後、Close & Importを選択し、すぐに新しい骨組みを使い始めることができます。またはウィンドウを閉じずにウェイティング領域の適用が可能です

ウェイティング領域を適用する

それぞれのRig Templateにはウェイトを助けるためにパーツが事前に作られています。パーツボーンがセットになった容器であり、キャラクターのメッシュ領域をウィンドウの中の適切なパーツに適用するだけでウェイティングを適用できます。

  1. 画面の下に、利用可能なパーツのリストが見えるはずです(legBack, torsoなど。)

  2. 画面の右側に、Regionsというウィンドウがあり、あなたのキャラクターが持つメッシュ領域のリストを示しています。

  3. 最初に、画面下部にあるあなたが気にしている部分のパーツをクリックします。

  4. 次に、Regionsにあるあなたが関連づけたいパーツをクリックします。複数のRegionsを選択することも可能です。

  5. 画面の上にあるAssign Regions*をクリックします。

  6. Assigned Regionsと関連づけられたパーツ黄色に光ります:

Non

それぞれ対応するPartsMesh Regionsを適用したら、Close & Importをクリックします。 Rig画面に戻り、Bone Weighting Modeを選択すると、全てのボーンがメッシュ領域に適切に適用されていることが確認できます。この方法を使うことでウェイト領域の適用を圧倒的に効率化できます。

Rig Templateをエクスポートする

将来のために、自分用にカスタムしたRig Templateをエクスポートすることができます。これを活用することで、他の人・別のプロジェクト用にシェアできるなど再利用する際に大いに役立ちます。

  1. 画面の上にあるExportラベルをクリックします。

Non

  1. Exportモードに入ることができます。最初に、あなたのキャラクターにパーツを加えるところから始めます。Add Partsをクリックします。

  2. パーツを選択し、それぞれのパーツと関連づけたいボーンのグループを複数選択、または囲んで選択します。

  3. 選択したボーンをパーツに関連づけるため、Assign Bonesをクリックします。

  4. 新しいRig Templateをエクスポートする準備ができたら、**Export...**をクリックします。